口の臭いを抑える為の対策方法

MENU

口の臭いを抑える為の対策方法

口が臭いという事は親しい人間相手でも言いづらく指摘しづらいモノですよね。

 

そして相手に限らず実は自分も口臭で人に不快な想いをさせているかもしれない…。

 

今回は口臭ケアに関する記事を紹介していきます。

セルフ口臭ケア

まず自分(セルフ)で行える口臭ケアからです。

歯をブラッシング

まず最初は歯をブラッシング=歯磨きを行なう事です。

 

誰にでもわかる口臭ケア対策ですが実はブラッシングを丁寧に行えている人は多くはありません。

 

その証拠に歯科医などは患者の7割は歯磨き不足で汚れが口の中に残っているといいます。

 

それが口内の細菌の増加に繋がり口臭の悪化にも繋がるのです。

 

歯の隙間などの食べカスを除去する「歯間ブラシ」や「タフトブラシ」などを使ってブラッシングと共にしっかり口内の汚れを落とすのも効果的な口臭ケアです。

 

人によっては歯石染色剤を使い磨き残しが無いか歯を赤く染めてブラッシング・口臭対策している人もおられるようですよ。

舌をブラッシング

歯をブラッシングするだけでは確実に口臭ケアにはなりません。

 

口の臭いは舌の汚れも大きく関わってくるからです。

 

舌もブラッシングしましょう。舌用のブラシは今やドンキホーテやイトーヨーカドーなど,どこででも手に入ります。

 

舌磨きも口臭の大切なケア要素です。

うがい薬を使う

リステリンやイソジンなどを歯磨き後に使うのも効果的な口臭対策です。

 

また口臭だけでなく虫歯予防や歯周病予防にも効果的なのでおすすめしたいのですが,人によっては刺激が強くて嫌だという人の多いです。

 

リステリン・プロフレッシュ・パーフェクトペリオ・イソジンなど市販されているうがい薬で刺激が気になるようでしたらお近くの薬剤師に聞くのも賢い選択です。

 

私も何度か試した事はありますが確かに口に入れた習慣口内に薬の臭いが広がり,ほっぺたの内側がヒリヒリします。

 

しかし口の臭いには確かに効果がありますので自分に合ったうがい薬を見つけて選ぶのをおすすめします。

キシリトールガムとタブレット

焼き肉料理・にんにく料理などの後は口の臭いは気になりますよね。

 

焼き肉店によっては食後にガムをくれる店舗も多いです。口臭ケアに効果的な成分が配合されている市販のガムやタブレットも確かに増加傾向にあります。

 

ただガムに関してはキシリトールガムなどの口臭ケア商品を選ぶことが必要です。

 

梅ガムやブルーベリーガムなどは食べた瞬間口内にいい香りが広がり,息もキレイになったと思いがちですが,あくまで一時的な対策でしか無く口の嫌な臭いをガムの香料でごまかしているに過ぎません。

 

しっかり口臭対策をしたいのであればキシリトールガム・ブレスケア・ブレオなどがおすすめです。

口臭サプリメント商品

今の時代は様々なデータを元に口臭サプリメント商品が販売されています。

 

タブレット・顆粒・液体タイプなど色んな形状の口臭ケアサプリメントがあり口臭対策成分も商品によって違いがあります。

 

その中で把握する手段としては「昔何かの賞を取ったことがある」「実際に使った事がある人の口コミ・評判を見る」「歯医者などに聞いてみる」というのがあります。

 

効果や味の好みなども人によって違いますが多くの人が推奨しているサプリメントの方が安心ですよね。

 

私が実際に使っている口臭ケアサプリメントに付いても紹介しておきます。

 

フレピュアの口コミや評判を嘘偽り無く実況中〜口臭ケア効果を検証!

 

味も美味しく口臭ケア効果もあり92%の人が満足している口臭サプリメントなので参考にして下さい。

人に頼る口臭対策

続いてセルフ(自分)ではできない口臭ケア方法を紹介していきます。

虫歯ケアを怠らない

虫歯は口臭の悪化に大きく関わってくる要素です。

 

虫歯などで穴が空いてしまった歯に食べカスなどが入り込み,それが長時間放置される事によって口内に細菌が増え口のニオイも臭くなってしまいます。

 

虫歯は自然治癒できるモノではありません。歯磨きなどで進行は遅くする事はできるかもしれませんが根本的な解決はやはり歯医者に行くことです。

 

最近は医療の発達により痛みをほとんど感じない治療方法が多いので,自分で口臭ケアしているのになぜか息が臭く感じる人は虫歯の可能性を疑ってみましょう。

膿栓が出てくる

何も食べていないのに口の中から白い塊(膿栓)が出てくる人は耳鼻科に行って根本から除去してもらうことをおすすめします。

 

膿栓は口内の細菌や体内の白血球などの粘液が含まれた別名「クサイ玉」と呼ばれる物質です。

 

自分でも爪楊枝や綿棒などを使用して取り除くことはデキますが,いずれまた再発してしまう可能性は高いので,耳鼻科でしっかりと膿栓の除去,洗浄をして根本から解決することをおすすめします。

その他の口臭対策

続いて日頃からできる裏技的な口臭ケア方法を紹介します。

飲み物

普段飲んでいる飲み物の中で緑茶やお酢なども口臭ケア効果があると言われています。

 

緑茶に含まれるカテキン・フラボノイドが口内の細菌の増殖・殺菌効果があり,お酢にも同等の作用があります。

 

お酢はともかく緑茶はご飯を食べている間に,また食べ終わってから飲むと口臭ケア効果があります。

 

お酢はうがい薬よりはマシですが確実に酸っぱいので最初は気を付けながら使ってみましょう。

食べ物

日常の食べ物で口臭ケアに効果があると言われているのはヨーグルト・生野菜・フルーツ・梅干しなど様々です。

 

柑橘系のフルーツや梅干しにはドライマウスという口内の乾きによって生じる口臭対策に役立ちます。

 

またヨーグルトに含まれる乳酸菌やビフィズス菌は口内だけでなく体の中の環境も整えてくれて,体内からの悪臭の発生を防ぐ役割もあります。

 

あとはリンゴも有名な口臭ケア食品です。

 

ポリフェノールやペクチンなどが含まれており強いニオイを生むにんにく料理などの後にも口臭を抑える効果があります。

 

また虫歯予防効果もあるので手に入れやすいリンゴで口臭対策を行なうのもおすすめです。